ページトップ|山梨県医療社会事業協会|メニューを飛ばして本文へ。

山脈の写真

以下より本文。

部会紹介

ネットワーク部会

現在、ネットワーク部会(通称N部会)は、3名の理事と12名の部会委員とで構成されており、年3~4回の部会を計画、実施しています。

当部会の目指すところの、
1.協会員相互の更なるネットワークの構築と強化、
2.医療ソーシャルワークを行なう上で必要な「連携」について関係他職種との相互理解の推進強化と「顔の見える」ネットワーク作り、
3.医療と福祉の連携を深めながらソーシャルワーク機能の研鑽の為、老人保健施設支援相談員部会、介護支援専門員との合同部会の開催、といった三つを活動の柱として、各々の部会の開催については担当制を採用し、それぞれの担当者がテーマに沿った内容で企画、立案し実施に向けて活動を行なっています。
教育研修部会

教育研修部会では会員のスキルアップ、質の向上を目指して新入会員を対象とした新任者研修や、普段の実践の中で見失いがちなソーシャルワークの原点を改めて点検する機会として、合宿形式の宿泊研修等を企画しています。

広報部会

広報部では、医療社会事業協会の活動をより多くの方々に知ってもらうことと、会員同士の情報交換や交流を目的に、年7~8回話し合いの場を持ちながら活動を行っています。
 広報部の活動内容としては、平成21年度に当協会のホームページを立ち上げてからは、ホームページを活用した広報活動を中心に行っており、協会からのお知らせや様々な活動報告等をタイムリーに掲載しています。
 また、年に1回「ソーシャルワーカー通信」を発行し、新入会員のご紹介や会員の職場移動・変更、退会等の情報を会員の皆さんにお知らせしています。
 今後もホームページの内容の充実を図り、会員仲間を募ったり、協会の広報・啓発の場として幅広く情報発信をしていく予定です。

調査・研究部会

調査・研究部会では、当協会に所属しているソーシャルワーカーの研究誌「医療社会事業・Medical Social Work」の企画・編集および出版等を行なっています。また年に一度開催される「ソーシャルワーク実践研究発表会」の実行委員として、企画・運営に参加しています。

ページの先頭へ。